表示指定成分102種類

表示指定成分102種類とは

表示指定成分とは、有害科学物質によって皮膚に悪影響を及ぼすおそれがある成分の中から、これまでアレルギーや発ガン性、皮膚毒素などの症状が報告されたものを中心として、旧厚生省が表示を義務づけることを定めた成分です。
では、表示指定成分に定められている102種類の成分を見ていきましょう。

・殺菌、防腐剤
安息香酸、イソプロピルメチルフェノール、ウンデシレン酸、ウンデシレン酸モノエタノールアミド、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、塩酸クロルヘキシジン、オルトフェニルフェノール、グルコン酸クロルヘキシジン、クレゾール、クロラミンT、クロルキシレノール、クロルフェネシン、クロロブタノール、サリチル酸、臭化アルキルイソキノリニウム、臭化ドミフェン、ソルビン酸、チモール、チラム、デヒドロ酢酸、トリクロサン、トリクロロカルバニリド、パラオキシ安息香酸エステル、パラペン、ハロカルパン、フェノール、ヘキサクロロフェン、ラウロイルサルコシンナトリウム、レゾルシン、ベンジンアルコール

・合成界面活性剤
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルベンジルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩化セチルピリジウム、塩化ラウリルトリメチルアンモニウム、臭化セチルトリメチルアンモニウム、セチル硫酸ナトリウム、直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩類、ラウリル硫酸塩類

・アルカリ剤
ジイソプロパノールアミン、ジエタノールアミン、トリイソプロパノールアミン、トリエタノールアミン、パラクロロフェノール、ラウリル硫酸トリエタノールアミン

・酵素
塩化リゾチウム

・保湿剤
ジプロピレングリコール、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール

・皮膜剤
セラック、天然ゴムラテックス、トラガント、ロジン

・エモリエント剤
還元ラノリン、硬質ラノリン、酢酸ラノリン、酢酸ラノリンアルコール、水素添加ラノリンアルコール、ステアリルアルコール、セタノール、セトステアリルアルコール、ラノリン、ラノリンアルコール

・収斂剤
イクタモール、パラフェノールスルフォン酸亜鉛

・乳化剤
ミリスチン酸イソプロピル、ラノリン脂肪酸イソプロピル、酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール、ポリオキシエチレンラノリンアルコール、ポリオキシエチレンラノリン、ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール

・金属イオン封鎖剤
エデト酸

・紫外線吸収剤
オキシベンゾン、サリチル酸フェニル、シノキサート、パラアミノ安息香酸エステル、ベンゾトリアゾール

・酸化防止剤
カテコール、酢酸トコフェロール、ジブチルヒドロキシトルエン、ブチルヒドロキシアソニール、没食子酸プロピル

・ホルモン類
エストラジオール、エストロン、エチニルエストラジオール、酢酸コルチゾン、ジエチルスチルベストロール、ヒキセストロール、ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン、プレドニゾン

・抗ヒスタミン剤
塩酸ジフェンヒドラミン、グアイアズレン、グアイアズレンスルホン酸ナトリウム

・毛根刺激剤
カンタリスチンキ、ショウキョウチンキ、トウガラシチンキ、ニコチン酸ベンジル、ノニル酸バニリルアミド

・染毛剤
ピロガロール、パラフェニレンジアミン

・色素
タール、アゾ、キサンチン

敏感肌化粧品の口コミ人気ランキング

ハホニコ・ハッピーサイエンスラボ

第一位 ハホニコ・ハッピーサイエンスラボシリーズ

乾燥するお肌も、たっぷり潤う!集中ケアにもおすすめの化粧品シリーズです。

人気度
サラヴィオ美容液

第二位 サラヴィオ美容液

敏感肌でお悩みの方専用の天然無添加美容液。お客様満足度は驚きの98%!

人気度
G+(ジープラス)化粧品のトライアルセット

第三位 G+(ジープラス)化粧品のトライアルセット

この化粧品は、皮膚科医が数多くの敏感肌患者さんとの対話から作り出したドクターコスメです。

人気度
水の彩 低刺激性保湿クリーム

第四位 水の彩 低刺激性保湿クリーム

お肌への優しさにこだわったオールインワンタイプの保湿ゲルですので、主婦の方でも簡単お手入れ。

人気度